日記の最近のブログ記事

二度目の五十肩

| トラックバック(0)

53歳のころ、左肩の五十肩になりました。肩関節を動かすと痛くてたまらない、しかも、肩だけではなく二の腕も痛くて、たまらないわけです。で、当時は働いていたので金銭的余裕もあったから、自費診療の鍼灸治療院に通い始めました。そうしたところ、少しは肩関節の痛みがよくなっていきました。でも、最終的に痛みが治って動くようになったのは1年後でした。あ~やれやれ、と思っていて、その後は快適に過ごしていたのですが、半年前から、今度は右の肩関節痛が出現し始めました。痛みが出る前に、なんだか、これはやばいかも、と思うような、違和感というか、そんな前兆があって、気を付けて、肩を動かすようにしていたのですが、同じように、今度は右側の肩が痛くなったわけです。今回は前回よりも痛みが強く、右肩を下にして寝ることができないくらい痛いわけです。だからこそ、鍼灸治療院に行けばいいんでしょうけど、今は専業主婦になっていて、お金がないから、到底自費診療でいくことはできません。ただひたすら、温めて、そして、自分で腕を動かす運動をして、なんとかやりすごしています。やっぱり利き腕の肩関節の痛みは何かと支障が多くて、早くよくなりたいなと切に願っています。

パテックスうすぴたシップの評判・口コミ!効果、副作用、成分は?

ワキを脱毛をした後、毛が無くなったことによって、汗が皮膚にまとわりついて不快感を感じやすくなります。
またワキ汗は他の体の部位に比べて量が多く、汗ジミになりやすいので、着れる服が限られますし、服についた汗によって菌が繁殖して匂いがきつくなることもあり、悩んでる方はとても多いと思います。
ドラッグストアなどで様々な汗対策の商品が売られていますが、それでも追い付かないという場合は思い切って、その汗を分泌させる器官の『エクリン腺』を破壊するという方法もあります。
その方法おひとつとして、『ミラドライ』といって美容外科で最近美容外科で取り扱うところが増えたものなのですが、汗が気になる部位に電磁波を照射して、エクリン腺を破壊するという方法があり、1~2度の照射で永久的に汗の発生を止める効果があります。
また『エクリン腺』よりさらに深くにある『アポクリン腺』をいわれる汗腺に照射をすると、ワキガにも効果があると言われています。
相場が20万円前後と高額ですが、メスで切開する必要がないため傷が残らず効果を得られる為需要が増えつつあるようです。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち日記カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはペットです。

次のカテゴリは生活です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31